So-net無料ブログ作成
検索選択

帆立鍋 [料理]

帆立とろとろ湯豆腐
材料 絹ごし豆腐2丁。 チンゲン菜6等分に切る。 帆立の缶詰(汁は捨てない)。 ねぎ(10cm細長く切る)。 
作り方
ごま油を入れ、ねぎを炒め、次にチンゲン菜を入れて炒める。①
①を鍋に入れ、スープを入れる。
スープは顆粒チキンスープ小さじ2杯。酒、しょうゆ大さじ2杯。帆立の缶詰をそのまま入れる。②
水で溶かした片栗粉を②の鍋の中に入れとろみをつける。片栗粉大さじ2杯、水大さじ1杯。
少し煮て煮汁が熱くなって鍋の淵があいたら、とき卵を包み込むように入れる。次に豆腐を鍋はだから入れる。その時煮過ぎないようにすること、煮すぎると豆腐に巣が出来てしまう。
薬味は、細長く切ったしょうがとトーバンジャン。
残った、スープにぬるま湯で戻した春雨を入れる。美味しくいいただけます。

なんでもポトフ
材料 ベーコンを半分に切る。かぼちゃは面取りをする。ソーセージは切り目を入れる。ごぼう。玉ねぎ。ねぎは4センチに切る。にんじん。キャベツ。
作り方
鍋にオリーブオイルを入れベーコンとソーセージを炒める。次に牛蒡と玉ねぎを炒める。つやつやになったら、水をいれる。次にかぼちゃ、にんじんを入れて15分ほど煮る。最後にキャベツを入れる。味はベーコン、ソーセージで風味が出るので特に必要なし。塩、こしょうで味付けをすれば十分。
その際、ガーリックトーストが料理に合う。ガーリックトーストはフランスパンを焼いた後、ニンニクをパンにこすり付ける。オリーブオイルをつけて食べると最高。是非ご賞味ください。美味しいですよ。


なすレシピ [料理]

タコのチリラタトゥイユ
①ズッキーニ、パブリカ、ナス、をぶつ切りにして、素揚げにする。
トマトをぶつ切りにして準備しておく。
③茹でタコをぶつ切りにして準備しておく。
たまねぎをぶつ切りにして準備しておく。
鍋にオリーブオイルを入れ、薄く刻んだニンニクを入れる。
ニンニクが香りをつけた頃に最初に④を入れ炒める。次に①を入れ絡ませるように炒める。
そして②を入れ、軽く火が通るような感じで絡める。
④①②に火通った、軽くかき混ぜ、水、白ワインを入れて10分ぐらい煮る。
最後に③を入れかき混ぜ軽く火を通す。
塩、胡椒で味を調えた後、チリパウダーを軽くふりかけ出来上がり。


健康食 [料理]

地中海風料理が脳卒中、認知症の予防に最適。
オリーブオイル、乳製品(ヨーグルトチーズ、牛乳など)、野菜、魚類(たんぱく質


きのこレシピ [料理]

「生しいたけ」のチーズ焼きレシピ
「生しいたけ」の石突を外し、細かく切り刻み、粉チーズとマヨネーズと一緒にかき混ぜる。そのかき混ぜたものを「生しいたけ」の裏側に詰めて、焦げ目がつくまでオーブンで焼けば出来上がり。

「エリンギ」の豚肉巻き揚げレシピ
「エリンギ」の石突に串で穴を開け熱の通りをよくする。大葉を巻き、次に豚肉を巻く。小麦粉で付け180度の油で揚げる。小麦色になったら出来上がり。輪切りにして盛り付ければ出来上がり。

「なめこ」と「長いもの」の和え物レシピ
「なめこ」を湯がきざるに上げる。「長いも」をさいころ切りにして、湯がいた「なめこ」と和える。器に盛り付け鶉の卵を載せれば出来上がり。


長浜 [料理]

奥伊吹の紅葉狩りに出向いたついでに、北国街道で名高い長浜市内を散策した。昼食を摂ろうと店を探していたところ、一押しの一店を見つけので紹介する。「味加醐」洋風レスラン(62-7282)


ジビエ [料理]

秋は、ジビエが旬の時期である。ジビエ料理の本場ヨーロッパでは、厨房がにわかに活気づく季節でもある。ジビエは古代より、権力者の間で珍重された食材であった。中世になると貴族の宴を飾る料理として食されてきた。現在では一般庶民も食べられるようになった。野山を駆け巡り、その土地の自然の恵むを食べて育ったジビエの肉は、凝縮された野生のうま味をもっている。日本でも古代、狩猟は山間地で暮らす人たちの生活の糧であっただけでなく、その土地を支配する王が、神と交流するという意味があったという。「日本書記」にも、天皇が神とともに狩猟を楽しむことを「徳」とする記述が残っている。王の狩猟は豊穣を祈る神への生産儀礼である。又、王の領有権を確認する儀礼でもあった。長野県では近年、鹿などの数が増え、農林業への被害が拡大している。そこで食材としてのジビエを見直し、適正な捕獲と消費で、人と鳥獣類の共存を図ろうということで、「信州ジビエ」のブランド化の取り組みをはじめた。11月中旬から狩猟が解禁され、新鮮なジビエを食することができる。信州の旅にまた、新しい楽しみが増えた。
※ジビエ(gibier)野禽・野獣類


きょうの料理 [料理]

NHKの「きょうの料理」が放送開始から50年になる。初回は1957(昭和32)年11月4日だった。最初の料理は「かきのカレーライス」。江上トミ氏、土井勝氏、村上信夫氏ら、戦後の食育を担った面々が、生放送で腕を競った。豊かになるんだという予感と情熱に満ちていた時代であったのかもしれない。番組のテーマソングは、当時25歳の冨田勲氏が、前日に頼まれて一晩で仕上げたという。マリンバの旋律は、まな板で弾む包丁を連想させ、今日の料理のテーマソングにぴったりだ。食の多様化が進む一方、惣菜を買い並べるだけで料理の出来ない女性が多くなった。そんな女性には、是非ともご覧いただき学習してほしいものだ。


防災 [料理]

サバメシとは空き缶を利用して、ふっくらご飯を炊く、サバイバル飯炊きの略。
350ミリリットル缶2個の上ぶたを缶切りぬきく。一つはコンロで利用1.5×3センチの四角い穴を上端に二つ、下端に二つ、互い違いの位置にカッターナイフで開ける。コンロの缶の上に釜の缶を置き、炊飯を始める。0.8合(120グラム)のコメに、水は1合(180CC)が基本。燃料は紙パックは、開いた底の部分を除き4枚の長方形に切り分け、さらに1センチの短冊にする。上に開けた二つの穴から交互にくべる。底の部分は、手でちぎって焚きつけ代わりにする。数秒おきに、前の短冊にパット火がついたら次をくべていく。油断すると火が絶えてしまうので注意する。15分くらいで、ふたのアルミ箔がポコッと膨らんできたらうまく炊けている証拠。更に10分、出来上がりまで合せて25分がめど。最後に缶を逆さにして5分ほど蒸らして出来上がり。一度試してください。


スダチ [料理]

スダチの色素成分のフラボノイドには、抗酸化、抗がん作用が期待されており、高血圧症や動脈硬化、脳卒中の予防、利尿作用もあるとされている。芳香成分のテルペンは神経の興奮を鎮め、ストレスを解消する働きもある。さらに植物繊維は、腸内の善玉菌を活性化するので、整腸、抗がん、循環器疾患の抑制が期待されている。また、果汁は酸味が強く、ビタミンCが豊富で、肌を美しく保つ効果があるほか、果肉にはレモンの2.5倍のカリウムを含み、余分な塩分を体外に排出するのに役立つとされている。そして、クエン酸疲労物質を分解するので、疲労回復の働きも期待できる。
さわやかな酸味は料理を引き立て役であると同時に、料理のアクセントにもなっている。スダチの効用は本当にすばらしい。


実芭蕉 [料理]

普段は皮をむいて、中身を包丁で切り、箸で食べる。実をかじるのはネズミ、サル、リス等動物が食するさまであり、人間が食べるさまではない、はしたないと食の仕方と考えられていたからだ。ご存知であろうか、その食べものはバナナ。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。