So-net無料ブログ作成
革命家 ブログトップ

ゲバラ [革命家]

キューバ革命を助けたアルゼンチン生まれの革命家チェ・ゲバラが、ボリビアで銃殺されたのは1967年10月9日。それから40年。今なお世界中の多くの若者の胸の中には、眼光鋭く遠くを見つめているゲバラの姿がある。没後40年の今年、追悼行事が各地各国で開催されている。社会主義という言葉が色あせた21世紀。既成の左右対立や大政党に飽き足らない無党派層を引きつけている。イデオロギーよりも経済のグローバル化に対する反対のベクトルが作用しているとの向きもある。キューバ政府主催の式典は、遺骨が埋葬されているサンタクララの革命広場、ゲバラ記念碑の前で開催された。カストロ国家評議会議長は欠席したが弟のラウル暫定議長や遺族が出席しゲバラとともに戦ったゲリラの霊廟に関係者が献花を行った。一方、ボリビア軍の元兵士らは、戦場となった渓谷に集い共産主義の侵略に対する勝利を祝った。東京では9日から原宿のト-キョーヒップスターズ・クラブでゲバラ写真展が始まった。競争原理より友愛を求め、共同体のためにつくす新しい人間を提唱した彼の理想が、グローバリズムの大波をもたらす格差社会で孤立する世代に共感をかきたてているのかも知れない。


革命家 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。