So-net無料ブログ作成
検索選択

米国金融危機 [金融]

米国発の金融危機が、金融機関の世界的な再編を加速させている。野村ホールディングスは、破たんした証券4位のリーマン・ブラザーズのアジア太平洋と欧州・中東部門を買収する。三菱UFJフィナンシャル・グループは2位のモルガン・スタンレーに対し最大で20%を出資すると基本合意した。更に、最大手ゴールドマン・サックスが行う増資には三井住友銀行が参加する意欲を見せている。米国の金融危機は今月に入る一気に緊張の度を深めていった。危機回避のため米政府は75兆円規模の公的資金の拠出を決めた。しかし、今後は、金融機関が自助努力で資本を増強し、いかに生き残りを図っていくかが焦点となって来るであろう。日本の金融機関は、買収や出資により、世界の有力投資家を顧客に抱える人脈や、高い金融技術をつ専門スタッフを活用出来れば、弱かった投資銀行業務を強化することが期待できるが、はたして思惑通り展開になるのかは未知数である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。