So-net無料ブログ作成
検索選択

会席料理 [文化]

会席料理は、江戸時代に俳句や連歌の会で、食事を楽しんだのが始まりと言われている。おもに料亭に人が寄り合って食べるコース料理をさしている。

点心は、禅寺で昼食と夕食の間に食べる空腹しのぎの食事。昼食やお茶請けとなる軽めの料理をさすようになった。

松花堂とは、石清水八幡宮の社僧松花堂昭乗のことである。松花堂が絵具入れやお茶会の煙草盆として使っていた箱があり、それにヒントを得た料亭「吉兆」の創業者湯木貞一氏が料理用に開発したものである。縁が高い四方の蓋つき箱で、中が十字に仕切られているので、お造り、煮物、焼物、ご飯などを分けて盛り付けると味や香りが移らないので、美味しく料理を楽しむことが出来る。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。