So-net無料ブログ作成

農耕文化 [文化]

福島県八溝山に端を発する久慈川の流域には、古くから農耕文化が開け農作信仰を伴ったいくつかの都々古別系の神社が祭られている。御田植祭は、その一社である八槻都々古別神社御田植祭保存会により現在に伝承されている。平成16年国の重要無形民俗文化財の指定を受けている。神官に扮した衣装で、鈴を右手、左手には御幣を持ち、笛と太鼓の拍子に合せて二人で舞を踊る。次に白装束に狐の面をかぶり、紅色に金糸を織り込んだ半纏を羽織鈴と御幣を持って踊る。なんとも奇妙な踊りだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。